FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


創造性ってとても大事だと思う
カテゴリ: 雑感
橋下徹・大阪市長が批判している事で有名な内田樹さん。
どのような人物か実はあまりよく知らないのですが、教育問題について時折ブログで述べているようです。

・不便さと教育(内田樹の研究室)
http://blog.tatsuru.com/2012/03/10_1013.php

どこで学んだかが重要なのではなく、その人が何を学んだかが重要。
先生の良し悪しではなく、本人の「才能」。

まあ、確かにそうかもしれません。

仕事をしていて感じるのは、決して出身大学がその人の能力なり成果なりを保証してはいない事。有名企業に勤めている人は、それ相応の有名大学を卒業している可能性が高いのは事実ですが、入社時点で学歴はリセットされ、その人自身の努力や本質的な能力が必要です。

実際、人間的な魅力のある人物の方が人脈も出来るし、創造性の高い人ほど仕事の成果も出せる。
それは、決して学歴ではありません。(もちろん、基礎的な知力は必要ですよ。)


・創造性の高め方(WSJ日本語版)
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_407274

創造性の高い人って、子どものような感性をもっていたり、遊び上手だったり、多様な経験を積んでいたり、とにかくリラックスできる人だったり、とにかくポジティブだったり・・・そう、あんまり糞真面目なガリ勉タイプじゃないイメージがあります。

もちろん、努力の末に成果があがるのだし、頭脳は鍛える事が出来る。
だから、勉強の努力を否定はしません。

ただ、小学生の時から根を詰めて受験勉強するのも良し悪しだなー、と思うのです。
(娘に中学受験させておきながら、何を言うのでしょうね。)

受験勉強する暇?があったなら、外で友達と遊んだり、マンガを読んだり、アニメを観たり、ゲームをしたり、好きな音楽を聴いたり、レゴやプラモデル等の創作活動をしたり、望遠鏡で夜空を眺めたり、そんな時間を過ごすべきだと思うのです。
小学生の時じゃないと経験出来ない事も沢山あります。
それを犠牲にしてまで受験勉強したら、きっと大人になってから後悔する。そんな気がしてなりません。

大学受験の時に本気になれば良いのです。(僕はこれすらしなかったのが敗因ですが。)
それに、促成栽培や温室栽培より、地道に這い上がる方が「生きる力」も強そうじゃないですか。

官僚や弁護士出身の政治家達の頭の固さを見ていると、子どもの頃の遊んだ経験が不足しているんじゃないか?そんな心配をしてしまいます。

あの中学受験算数の、あのパズルのような知的好奇心をくすぐる面白さは否定できないのですが、
やっぱり、"よく遊び、よく遊べ" が一番じゃないのかな?



関連記事
スポンサーサイト
2012.03.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。