FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


[映画] 宇宙ショーへようこそ
カテゴリ: アニメ・マンガ
WOWOWで少し前に放送されたアニメ映画『宇宙ショーへようこそ』を録画していたのですが、この週末、やっと観ることができました。



実は米国のピクサーに代表されるCG映画って苦手で、日本の丁寧な手描きアニメの方が好きなんですよね。だから、ジブリやテレビアニメの劇場版とかは比較的観ます。(ポケモンはさすがに子どもたちが卒業したので、今年は観ていませんが。)

最近観たアニメ映画(と言っても映画館ではなく、CSやBSの放送かBDですが)は、昨年に亡くなった今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』に『パプリカ』、そして細田守監督の『サマーウォーズ』でしょうか。
ジブリは『崖の上のポニョ』は観ましたが、『借りぐらしのアリエッティ』と『コクリコ坂から』は観てないです。(別に宮崎駿監督じゃないからという訳じゃないのですが、たまたま観るチャンスが無かったのです。)

さて、この『宇宙ショーへようこそ』ですが、監督は舛成孝二さん、脚本が倉田英之さん。
(TVアニメの『かみちゅ!』で有名らしいのですが、ゴメンナサイ、観てません。)
このお二人、『R.O.D -READ OR DIE-』のコンビなんですよね。(この作品は本当に面白かったです!)だから、少し期待して観たのでした。

あらすじは、比較的山奥?の小さな村川村の小学校の全校生徒5人が、子どもたちだけの1週間の夏合宿を過ごすのですが、偶然犬型宇宙人のポチを助けたことから始まる宇宙旅行。
ちょっと月に行ってみるはずだったのが、とある理由により月から地球に帰る事が出来なくなり、はるか2100万光年もの先のポチの故郷を経由しないと地球へ帰る事が出来ません。
まるでスターウォーズの世界のような賑やかな宇宙。
さて、5人の小学生は無事に地球に戻る事が出来るのでしょうか?


感想.

1) 長い!
アニメ映画なのに136分。子どもが観賞するのは無理ってもんでしょう。100分程度に抑える事が出来たら良かったと思いますが、序盤の伏線張りに無駄な部分が無いので時間を短くするのは難しいかもしれませんがね。確かに、途中で飽きることなく一気に観ましたけど。

2)情報詰め込みすぎ!
田舎の情景、月の裏側の壮大な都市、月でのアルバイト、「超速」による星間旅行、地球から何千光年も遠く離れた場所のポチの故郷、そして映画のタイトルである「宇宙ショー」。
ま、スターウォーズだって無茶苦茶に情報を詰め込んで画面がガチャガチャでそれが良い所。それを2次元アニメでやっちゃうのですから大したものです。

3)ドラえもんの出ない『ドラえもん のび太と宇宙開拓史』
犬型宇宙人を助けるところから始まるスペースオペラですが、便利な小道具を出すドラえもんはいません。
子どもたちの通う小学校の目標が「自分のことは自分でやろう、ひとりはみんなのためにみんなはひとりのために」ですから、他人の力を借りずに、そして子どもたちが助け合って解決するのです。これがこの映画の重要なテーマともなっています。

4)田舎が美しい!
『サマーウォーズ』も田舎が舞台だったけど、本当に田舎を丁寧に、そしてキレイに描き込んでいます。
アニメって田舎を舞台にしたものが多くありませんか?田舎って、都市部の人間からすると未知のワンダーワールドなんでしょうか?ただ、田舎への憧憬が子どもたちにあるのは事実ではあります。


マンガや小説が原作ではないオリジナルアニメとしてはかなり頑張った作品だとは思います。
もうひとひねり(時間を短くするとか、悪役をもう少し描き切るとか)すれば、ファミリー向けとしても良い作品になったのではないかと思いますね。

けれど、面白かったですよ。

関連記事
スポンサーサイト
2011.10.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。