FC2ブログ
子どもの読書
カテゴリ: 読書

暑いですねー、そう、子供たちは夏休み真っ盛り。

夏休みと言うと、僕なんかは課題図書を読んでの読書感想文の宿題が結構重荷だった事を思い出してしまいます。


そこで、こんな記事を見つけました。

「2008年版子どもと家庭の読書に関する報告書(米国)」
http://current.ndl.go.jp/node/8419

USでの調査ですが、それほど日本の状況とはかけ離れていないかと思います。

・読書は楽しい
・どんなにテクノロジーが進んでも紙で本を読む事は無くならない

そして、
・好きな本を見つけることが、とっても大事


実は日本には、こんな法律があるんですね。

「子どもの読書活動の推進に関する法律」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13HO154.html

なんだか、分かったような分からないような、何をする法律なのか、効果があるのか、不思議な法律ですが、国や自治体は子どもの読書活動の推進に関する施策を進める義務があるようです。

ということで、試しに僕の住む川口市はどうなのかと、"読書活動推進計画 川口市" と Google してみました。すると、きちんと「川口市子ども読書活動推進計画」があります。(さすが川口市!って、どこの自治体にもあるはずですね。)

川口市は比較的図書館が充実しており、特に中央図書館は川口駅前に位置し社会人も大変利用しやすいものとなっています。特に、児童向けのスペースが充実しており、児童書専門の担当者も在籍しています。

おかげさまで、我が家のチビッコ・ギャングたちは図書館が大好き。
夏休みの課題図書だけでなく、図書館の推薦書、自ら探し出した面白そうな本・・・
毎週10冊ほど借りたりします。

最近、若者の読書離れの報道も見聞きしますが、今のところ我が家は大丈夫そうです。


本好きが講じたのか、視力が悪くなったうちの娘ですが、なんで本好きになったのかを考えてみると、それこそ赤ちゃんの頃から色々な本の読み聞かせをしてきました。

「子どもへの読み聞かせの効果に関するレビュー論文(米国)」
http://current.ndl.go.jp/node/8182

にもありますが、特に愛情を込めて子どもに読み聞かせることは、
・識字・言語発達を促進し、
・親子の関係を支え、
・読書への愛を育む
だそうです。

現在小三の娘が生まれた頃は(今もそうでしょうが)育児本が氾濫していて、その中で読み聞かせの効用は自分でも納得できたので実行したのでした。


実はね、下の息子(小一)にはあんまり読み聞かせしてないんです。
どうも二人目は手を抜いたというか、ある意味神経質にならずに育てたんですがね。
(もちろん、幼稚園では読み聞かせの時間がありましたが。)

ただ、本は好きです。

なぜか?

大好きなお姉ちゃんを見て育っているからですねー。

お姉ちゃんがする事は自分もする!

スイミングも、

ピアノも、

そして、読書も。

昨日なんか、フラワーアレンジメントの子供体験コースに、お姉ちゃんにくっ付いて行ってやりましたからね。男らしい作品に仕上げたようです。(まー、別名荒いって事ですが。)


まー、そういう事で、我が家のリビングは、
 ・子供たちの夏休みの宿題の山
 ・課題図書の山
 ・フラワーアレンジメントの作品
 ・おもちゃ
 ・先週の林間学校で採って来たバッタの入ったケース
 ・なにやら製作途中の謎の工作もどき
 ・その他、物体がこまごま
が散乱しており、もう訳が分からない状態です。

基本的に自分で片付けるべきなので、親は手を出していません。


・・・あれ、夏休みの宿題、大丈夫か? なんだか山に埋もれているみたいだよ?

関連記事
スポンサーサイト



2008.07.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます