スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


辻野 晃一郎さん
カテゴリ: 戦略
昨日社内で、辻野晃一郎さんの講演会がありました。
ソニーのデジタル機器の等のカンパニープレジデント、グーグル日本法人代表取締役社長、アレックス株式会社を創業をし、『グーグル 辻野 晃一郎さん で必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』の著者でもある、知る人ぞ知る有名人です。

ソニーでの苦労話、Googleの仕事の凄さ。

昔のソニーは今のGoogleに雰囲気が似ていたとのこと。
しかし、今のソニーの凋落もハングリー精神やチャレンジ精神を失ってしまっている側面が少なからずあるとのご指摘です。

そう、日本企業の凋落は、あまりにも意思決定が遅く、しかもアクションもあまりにも遅い仕組みの問題にあるのですから。

この意思決定の遅さ、アクションの遅さ、ちっともエンパワーメントしない組織構造、これって何故なのでしょうか?

それは、Risk に対する考え方の違い。

辻野さんはおっしゃいます。

Riskとは?

 Opportunity!

 Possibility!

 Volatility!

日本ではRiskというと、回避するもの。あってはいけないもの。そんな捉え方をしている人が多いのではないでしょうか?
けれど、それでは進歩もイノベーションもありませんよね。

シリコンバレーの凄味は、Take Risk, Learn from Failure
これについては、以前「日本はもっとシリコンバレーに学ぶべきではないのかな?」という記事で書きました。

まあ、カリフォルニアなんかの温暖でカラッとした気候にいたら、能天気に「なんでもやってみよう、失敗したら後で考えてみよう」と思うかもしれないけど、日本の気候はそうじゃないって話もありますが、精密で高品質な工業製品を大量生産する事業モデルと、現在のインターネット上のサービスの様に、まず始めて見て、多くの人達の意見を取り入れてどんどん良くしていく事業モデルは全く異なります。

日本人との慎重さと、出る杭が打たれてしまうメンタルモデルの違いが、インターネットのスピードに全く追いついていないのですから。


辻野さんはおっしゃいます。

あらゆることの再定義が進んでいる

国境も、政治も、会社も関係なく、インターネットのリアルタイム性が世界をつないでいる。
地球をまるごと宇宙から見ている視点が必要なのだと。

地球単位で考える。
世界を相手に考える。
これからは一国では解決できない問題に直面しなければいけない。


そう、おっしゃる事はすっごく分かる。
日本企業の中にいると、本当に意思決定が遅くて、特に本社の問題は計り知れない。


そうこう思ってたら、うちの会社の事業再編のプレスリリースが出ちゃった。
(こうなることは、なんとなく分かっていたから何の感想も無いけど。)

開発業務が減ってきて、地方の案件も減ってきている・・・
それって、前から分かっていた事でしょうにね。

ともかく、図体ばかりデカくなって、ディシジョンの遅い会社にならないでね。
それではこれからの社会では通用しませんから。





関連記事
スポンサーサイト
2013.11.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。