スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ロバートキャンベルさん
カテゴリ: 言葉・文章・哲学
先日、社内で行われたフォーラムに講師と招かれたのがロバートキャンベルさん。
TVでにおなじみの有名人ですからね、当然受講しました。

今回の講演のタイトルは、「ロバートキャンベルが見た日本 ~軸足をかため、世界に踏み出す一歩のために~」。
江戸後期から明治にかけての漢文や漢詩、日本文学が専門の先生。
ニューヨーク市生まれで、カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了した文学博士。
東京大学大学院教授として、国文・漢文学や日本文化論を教えているのですから、スゴイですよね。

正直言って、漢文は真面目に勉強しなかったので苦手中の苦手。
米国生まれの米国育ちの方なのに、江戸時代の文学や文化に詳しいのですから、日本人の私は恥ずかしい限りです。

私の会社は新木場にあります。
キャンベルさんは、その木場という地域の意味
 ~新木場界隈の材木屋、貯木場
 ~火事の多かった江戸を支える木材、職人達
 ~深川界隈の色街、「粋」は辰巳芸者から生まれたもの
 ~男勝りで勝気で客を選ぶ辰巳芸者
という話題から、穏やかな口調で講演はスタートしました。
(本当に穏やかで上品な方で、私なんかいかに野蛮なんだろうと思います。)

キャンベルさんは、人の活動の拠点に注目します。
人が集まり、学んだり、活動する拠点。
欧米の寺院は閉ざされた空間で他を拒絶しているけど、日本の場合は美しい庭園があったり、サロンとして他にも開放したりと、全く異なるそうです。

そこで、始まるのが京都の南禅寺にある順正書院の話。
現在は湯豆腐のお店として有名ですが、元々は新宮涼庭が開設した医学校。

キャンベルさんが神田の古書街で見つけた漢文の和書(4千円だったそうです)から、新宮涼庭が貧しい生まれにも関わらず漢学を修め、漢方医学を学び、長崎で蘭学を学び西洋医学を学び、そして京都で開業し財をなし、医学校を開設するまでを語ります。

ちなみに漢文の和書は通常の書き言葉の和書より安いそうです。

古書街で見つけた漢文の和書から当時の歴史た文化を紐解いていく、そして更に神田の古書街で順正書院で医学を教えていた方の和書を見つけます。文学部って、実は素晴らしい学部なんですね。目か鱗です。
(書き言葉の和書は4万円もしたそうです。)

新宮涼庭は、貧しかった自分が学ぶ事が出来たように、多くの若者が医学を学ぶ事が出来るようにするために、私財で「順正書院」を開設します。
順正書院では、数十名の医学を志す若者達が共同生活をしながら学んでいく。
そして、サロンとして多くの文化人が交流を深め、倉には多くの書物が自由に読める形で保存されている。

聴いているだけで、当時の様子にワクワクしますね。

江戸時代の学問所は、基本的に共同生活だったのですね。
そこから幕府が設置した「昌平坂学問所」に話題は移っていきます。

そこで学んだ佐伯藩の中島子玉の残した漢文、 「蕉葉の上に書す」(芭蕉の葉の上に文字を書く)。
漢詩は、文章が圧縮されていて、書き言葉に展開すると(キャンベルさんは「解凍」するという表現を使いました。情報処理系の人間には意味が分かりますよね)10行程度の漢詩が数ページの文章になります。(英訳すると短編小説くらいのボリュームになるそうです。)

夜が更け、周りが静かになり、月の明かりで芭蕉の木の葉の陰が障子に映る。
芭蕉の葉がまるで、自分を嬲るように。

」という文字にキャンベルさんは驚いたそうです。
<なぶる>ってエロチックな意味あいがありますからね。

ところで、キャンベルさんは突っ込みを入れませんでしたが、中島子玉は男ですよね。
なんで「」で「」とは表現しなかったのでしょうか?
男性だけの共同生活。。。いや、これ以上はやめましょう。

最後に、橘曙覧の「独楽吟」が紹介されます。(これは漢詩ではなく和歌。)
「たのしみは」で始まり「時」で終わる。
一つ一つは他愛ない和歌なのですが、52も歌うと名作となります。

では、いくつか紹介されましたが、印象的だったものを。

たのしみは 物をかかせて 善き価 惜しみげもなく 人のくれし時

たのしみは 珍しき書 人にかり 始め一ひら ひろげたる時

たのしみは 妻子むつまじく うちつどひ 頭ならべて 物をくふ時

たのしみは あき米櫃に 米いでき 今一月は よしといふとき

キャンベルさん、東大の1年生にこの歌を教えた時、米櫃が通じなかったそうです。
なので、米櫃が空っぽの時、別に米を見つけて1か月は大丈夫だとほっとした気持ちを説明するのに苦労したとか。ATMに例えて心情を理解してもらったそうです。

たのしみは 昼寝目ざむる 枕べに ことことと湯の 煮えてある時

たのしみは そぞろ読みゆく 書の中に 我とひとしき 人をみし時

たのしみは 家内五人 五たりが 風だにひかで  ありあへる時

たのしみは 衾かづきて 物がたり いひをるうちに 寝入りたるとき

多少暮らしは苦しい事もあるけど、小さな幸せにたのしみを見つける。
なんか、とってもわかりますね。

ところで、キャンベルさんの伝えたい事は何でしょう?
日本語の中にある喜怒哀楽や考え方、文化や歴史的な文脈、そういう物をしっかりと理解した上で世界に踏み出すことが重要だとおっしゃいます。
(きゃあ、自分が情けない。)

特に漢詩は、文字が凝縮されているが故、書き言葉では書きにくい強い感情や思いが書かれているとの事。
(なんたって嬲ですからね。)

是非とも日本の漢文を読んでみましょうとの事でした。

若かりし頃の反省もあるし、漢文を学び直そうと思います。
さて、何が良いかな?

関連記事
スポンサーサイト
2013.09.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。