スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


深海 国立科学博物館
カテゴリ: 自然科学
現在、上野の国立科学博物館では、特別展としてあのダイオウイカで話題の「深海 -挑戦の歩みと驚異の生き物たち-」が開催されています。

国立科学博物館の特別展って、いつも混むんですよね。

ともかく、夏休みだし、子供の教育上行くしかありません。



上野駅の中央改札の天井にはダイオウイカが吊るされています。



駅のレストランでは深海フェア。
深海の生き物って、結構日本人は食べてます。

さて、国立科学博物館です。



なんと35度の暑さなのに1時間待ち。
さすがに並んでいる列は撮影しませんでしたが、みんな、がまん強いですねー。

さて、これは有人潜水調査船「しんかい6500」



他にも様々な調査船の模型が展示されていました。



深海の面白さは、やはり深海生物です。



深海生物の基本はエビやカニ。
タカアシガニは有名ですが、普段食べるズワイガニだって、20メートルから1200メートルの寒帯の海に生息しているのですよ。

ムツラエイの標本。



深海の熱水が噴出する極限環境でも、生物が沢山。メタンをエネルギー源とする微生物、そしてその微生物を食す生物・・・独特な生態系が出来ていたりします。



でも、目玉はなんと言っても、ダイオウイカ。
模型が天井に、



そして標本。





何故ここまで巨大化するんでしょうね?

ダイオウイカの天敵はマッコウクジラ。



巨大な顔の模型が展示されていました。

深海生物と言えば、他にはサメです。
日本の深海は、深海サメの宝庫だとか。





ところで、深海生物は長生きと言われています。
このヒラウチダイの一種は、なんと150年くらい生きるそうです。



さて、深海生物は意外に身近で、白身魚フライや回転寿司の甘エビ、お鍋で美味しいタラなんかも深海生物なんです。













特別展の最後は、お約束のお土産コーナー。
なんと、巨大なダイオウイカのぬいぐるみまで売っています。
一番上にある巨大なダイオウイカは、なんと20万円。もしかして実物大?
誰がこんな巨大なぬいぐるみを買うんでしょうか?



この特別展は10月6日まで。
国立科学博物館は、通常展もオススメですよ。

関連記事
スポンサーサイト
2013.08.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。