スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


やっぱりチョコレートが好き
カテゴリ: 生命・健康
週刊「東洋経済」にはDr.シラサワの超「抗加齢(アンチエイジング)学」という記事があり、毎回楽しみに読んでいるのですが、第41回は「健康長寿に作用するチョコレートの意外な効果」でした。

もう過ぎてしまいましたが、バレンタインデーと言えばチョコレートですね。

この世で最も長生きした人物は、1997年に122歳で亡くなったフランス女性のジャンヌ・カルマンさんだそうです。カルマンさんは、赤ワインとチョコレートが大好きで、、赤ワインは120歳まで、チョコレートは晩年になっても欠かしたことが無かったとか。
一週間になんと1キロ近いチョコレートを食べたそうです。(117歳までタバコを吸っていたのにぴんぴんしていた強者です。)

赤ワインとチョコレートとくればポリフェノールが有名ですが、特にチョコレートのポリフェノールは体内に吸収されやすく、抗酸化能力増強に最高らしいです。
酸化ストレスの抑制は、動脈硬化、糖尿病、がんなどの病気の予防につながります。
また、チョコレートに含まれるカテキン成分は精神を安定化させ、うつ病治療に使われる薬と同じように脳に作用するそうです。
チョコレートを食べると幸せな気分になりますからね。

チョコレートで気になるのは食べ過ぎによる太り過ぎ。
甘い砂糖が元凶です。
それでも健康長寿に作用するのですから、積極的に食べたいものです。

さて、カルマンさんの口癖は、「どうにもならないことは、くよくよしないこと」だったとか。
気丈で明るい性格も、長生きの秘訣ですね。

関連記事
スポンサーサイト
2013.02.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。