スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


1/500スケール 宇宙戦艦ヤマト
カテゴリ: アニメ・マンガ
今、小学校4年の息子のマイブームが、なんと「宇宙戦艦ヤマト」。
ウォークマンにヤマトのBGMを入れて聞いているし、キッズ携帯の着メロも宇宙戦艦ヤマトの主題歌。スイミングの友人にもヤマト好きがいて、共通の話題で盛り上がるらしいです。

そもそものきっかけは、私が1人で実写版「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観に行き、プログラムを買って帰った事。
ヤマトのプログラムを見ていた息子は、俄然ヤマトに興味を抱いたのです。映画をノベライズ化した小学館の文庫本も読み、過去の劇場版のDVD6本も借りて観たのでした。(劇場版は、正確には「復活篇」までで5本。「新たなる旅立ち」はテレビスペシャルだったのですね、知りませんでした。)

ちなみに、古くからのヤマトファンは、最近の「復活篇」を認めていない場合が多いと思います。けど、息子に言わせると一番面白いらしいです。昔のヤマトは、話のテンポが遅く、少し臭いセリフも多いからでしょうか。波動砲の設定も「復活篇」が良いらしいです。ですから、「復活篇」の続編が制作される事は(多分)絶対に無い事を納得してくれません。プロデューサーが亡くなったし、そもそもヒットしませんでしたからね。
しかし、ノスタルジーで判断してしまうオヤジ達とは違いますね。
(他の戦艦が簡単に破壊されるのにヤマトは破壊されないとか、いつの間にか第三艦橋が修復されているとか、そもそも死んだはずの人が復活する設定だとか、ヤマトならではの不思議への突っ込みも息子は忘れませんよ。)

ま、父親が昔ファンだったお陰で、息子もヤマト好きになってしまった訳です。

さて、男の子ですから映像だけで満足出来るはずがありません。
一生懸命レゴで健気に宇宙戦艦を作ってました。レゴの部品だけは豊富にありますから。

そこで今年の息子への誕生日プレゼントは、宇宙戦艦ヤマトのプラモデルにしたのです。
もちろん息子はプラモデルは一度も作った事はありません。けれど、かなり部品点数の多いレゴも1人で作っちゃうので、大丈夫だろうと判断して買い与えました。
「バンダイ 1/500スケール 宇宙戦艦ヤマト」

あのガンプラのバンダイのプラモデルですから、大きくても接着剤不要でパチパチはめて作る方式である事を確認済み。
期待が持てます。

外箱はこんな感じ、美しいですね。
外箱

ふたを開けると・・・素敵!
ふたを開けると

中のパーツは・・・
パーツたち
部品の精度の高さは、さすがバンダイです。
バリがありません。

説明書も素敵・・・
説明書
非常に分かりやすい説明書です。
誕生日当日は、箱を眺めるだけで我慢させました。


さて、毎日スイミングの練習があるので、あまりプラモ作りにかける時間の無い息子なのですが、1週間くらいで作っちゃいました。

ヤマト完成

さて、全長53センチもあるヤマトのプラモデルですが、それでもパルスレーザー砲等の部品はミリメール単位の小ささ。
ニッパーとピンセットで作るのですが、老眼の私には、小さな部品を扱うのは困難。もうプラモデルを作る事が出来ないのかも。(だから、私は息子を手伝ってません。)

ところで息子と私にはもう一つ共通の趣味?があるのですが、それについては機会がありましたら書きたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
2011.05.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。