スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


首相所信表明
カテゴリ: 雑感
本来は、日本という国の未来図を示し、どのようなプランで実現していくのか国民に説明するのが所信表明だと信じているのですが、残念ながら麻生総理の目は国民、そして未来の日本を向かず、目先の敵?である民主党に矛先があるようです。昨夜のニュースでは、首相所信表明の中で何回"民主党"という言葉が出てきたかなんてくだらない事に注目してましたから。逆にそれだけ中身が無かったという事なのでしょうか。


まー、任期が異常に短い事(予定?)もあり、中長期のプランなんか最初から眼中に無い。
国会議員は選挙が命ですから、選挙に勝つ為ならば、たとえネガティブな報道だって大歓迎かも。(中山前国交相の日教組攻撃だってマスコミに注目されて成果をあげた訳ですから。)


あの拉致問題の中山恭子首相補佐官は、中山前国交相の奥さんです。もう訳が分かりません。(奥さんは善の顔を見せてますね。)

中山夫婦は、大蔵省の超高級官僚から閣僚になった二人。The官僚機構である大蔵省出身の人間であり、既存の利権構造を死守する事が正しいと本気で思っている二人。
あの失言は策略であるという分析をしている方がいらっしゃいますが、そうだとすれば本当に恐ろしい事です。

麻生内閣は、中川昭一氏が財務相と金融担当相を兼務というのも、大蔵省から金融監督機能を分離したはずなのが元の「大蔵省」に戻してしまいたいという意志の表れという噂もあります。


中川氏に対しては、池田信夫さんが面白い記事を書いています。

「中川昭一氏のためのマクロ経済学超入門」
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/bb3d198e9beea42e6b42268d57028a98


残念ながら経済学の専門家ではないため、理論に関してコメントはできないが、グローバル経済においては、国内でのバラマキ政策は一時的に一部のノン・ワーキング・リッチたちの懐に金は消え、一般社会には全く経済効果が無いということでしょうか。

官僚達のモラル・ハザード。あーあ、なんとかならないのでしょうか。

ともかく、自民党を「どげんかせんといかん」


関連記事
スポンサーサイト
2008.09.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。