スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


大塚康生さん
カテゴリ: アニメ・マンガ
大塚康生さん、みなさんご存知ですか?
ジブリと言えば宮崎駿監督ですが、その宮崎駿さんの先生でもある方で、なにやら今もスタジオジブリや東映アニメーション研究所などで後進の指導に当たっている方です。

で、スタジオジブリの作品については、また別途書かせていただくとして、そのルーツである、大塚康生さんについて少し書かせていただければと思います。

今もジブリのDVDで人気があるのは、「ルパン三世 カリオストロの城」ではないでしょうか。
実際には東京ムービー新社の作品で、もちろん宮崎駿 監督、大塚康生 作画監督で、それはそれは公開当時のアニメファン(当時はオタクという言葉は無かった)は作品の素晴らしさに狂喜乱舞したのです。
とくにカーチェスに絵なんか、さすが大塚さん!と感動したのを今でも忘れられません。

最近、日テレで放送してましたが、ファンのくせにDVDを持っていないので、少し反省しています。

当時のTV放送のルパンでは、第145話の「死の翼アルバトロス」と第155話の「さらば愛しきルパンよ」が、いかにもジブリの系譜を感じる作品となってます。(まるでラピュタやカリオストロなんです。)
もし機会があったらチェックしてはいかがでしょうか。

あと古いところでは「長靴をはいた猫」に「パンダコパンダ」。
パンダコパンダはまんまトトロです。

ps.
ここまで書くと、オヤジオタクだなー。
やな感ーんじ。


 

関連記事
スポンサーサイト
2008.06.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。