スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


宇宙論
カテゴリ: 読書
最新号の「Newton」
今回の特集は "宇宙論" ということで、早速衝動買いしました。
(電車の中吊りが、買いなさいと訴えるもので・・・)

Newton (ニュートン) 2008年 07月号 [雑誌]


このニュートンという雑誌、まだ僕が学生時代に東大の教授だった竹内均先生が創刊した雑誌。
当時は確か教育社という会社から刊行されていたと思いますが、今はニュートンプレスから刊行されています。
まー、昔のことはどうでも良くて、今回の宇宙の特集。

網羅的に宇宙に関する様々な話題を取り上げています。
・夜空の天の川
・宇宙の膨張
・ビッグバンをめぐる論争
そして未だ謎の「ダークマター」

宇宙の成分全体の5%しか物質では構成されておらず、ダークマターが23%、ダークエネルギーが72%。
このダークマターもダークエネルギーも正体は判っておらず、しかし分布がわかってきた(つまり一様ではない)という記事は新鮮です。

ただ、今一情報が物足りないなーと思ったら、
なーーーんと、来月号は宇宙論 第2弾。
永遠か消滅か、最新理論で迫る 宇宙がたどる運命とは?

つまり来月号も買わないといけないのですね。



ところで、子供向けの図鑑もバカにできないもので、
パパがNewtonを読んでいたら娘が書棚から自分の図鑑を持ってきて・・・



なんと、宇宙の始まりのインフレーション期とかのビッグバン、宇宙の膨張、ブラックホール、そして ダークマターまで、きちんと判りやすく説明してあるし。

小学館、恐るべし。
こんな書籍を読んでいる今時の子供の知識レベルって、怖いかも。




関連記事
スポンサーサイト
2008.05.31 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。