スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


Bibbidi-Babbidi-Boo
カテゴリ: Music
松田聖子さんはデビュー35周年、記念アルバムは自身による作詞・作曲・プロデュース。



松田聖子さんは寅年なんだけど、学年は一緒。
デビュー当初から応援してた私としては、久々に武道館コンサートに行ってきました。
昔は、武道館は外タレが多かったんだぜ。



梅雨明けしてないのに、暑い!
いや、暑かった。

オフィシャル・スイートピーを買うために、グッズ売り場に並んだら、


ツアーTシャツとお揃いのスカートのそれなりの年齢の女性達がいるし、



とにかく、それなりの年齢の女性ファンの多さに驚き。
これだけ長く人気を得ているのも、女性ファンの心をつかんだからなんでしょうね。

悪いけど、私はデビュー当初からシングルレコードもアルバムも買ってたファンなんだぜ。
けど、コンサートはまだ二回目。
しかも16年くらい前の話。
コンサートの雰囲気についていけるか心配でした。



武道館、冷房がイマイチで暑かったです。


コンサートは撮影禁止ですが、手荷物検査は無かったです。その代わり?黒服スーツの男性達が場内をうろうろしてました。

さて、松田聖子さんのコンサート。
流石ですねー、トークも軽やか。
そして、あの年齢で妖精の衣装が似合う女性は他にいないでしょう。
女性ファンが多いのも頷けます。

コンサートの始まりは、新アルバムの「Bibbidi-Babbidi-Boo」からの曲。

シンデレラをイメージしたステージが素敵でした。

衣装替えの後はアコースティックな雰囲気でのステージ。
デビューアルバムのスコールに収められているB面だった曲とか。(ファンなのに、曲名が分からないのはおじさんだから)


82年のアルバムのPineappleの曲とか。


35周年ですからね、懐かしい曲が多いです。

さて、購入したオフィシャル・スイートピー。
しっかり使いました。
昨年まで無かったようですね。
たった1曲のためのグッズ。
でも楽しい。

確か、赤いスイートピーはこの「Pineapple」に収録されていたんじゃないかな?

まぁ、盛り上がる曲が基本で、バラード系は少なかったかな?
そういう曲は、きっとディナーショー向けなんでしょうね。

個人的には、一昨年亡くなった大瀧詠一サウンドプロデュースの「風立ちぬ」や、


大滝詠一だけじゃなく細野晴臣も参戦している「Candy」が好きなんだけど、コンサート向きじゃないよね。


さて、例年のスケジュールなら、DVDは11月くらいに発売されるんじゃないかな?
絶対に買いますよ!

はい。


スポンサーサイト
2015.07.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


一世(Issei)先生のミニコンサート
カテゴリ: Music
私の部下W君がが色々な理由があって9月末で退職する事になったのですが、本人が企画した、一世(Issei)先生のミニコンサートに招待されました。

すいません。一世(Issei)先生を存じ上げなかったのですが、世界的に活躍していて、生徒さんも大勢各界で活躍されているそうです。

・一世(Issei)オフィシャルサイト

場所は舞浜。
ディズニーランドの反対側の住宅

街にある「ビ:スティーレ舞浜美術館」という隠れ家みたいなお店。
W君の話だと、今回の参加者のほとんどは、一世(Issei)先生のピアノの生徒さん等ピアノに関係する方々。
会社からは私だけ、一人さびしく参加です。


入口で、こんなクッキーが配られました。

アニバースという会社にお願いして作ってもらったそうです。
素敵ですね。
このクッキー、30枚くらいから注文出来て、文字やイラストだけでなく、写真だって対応可能との事。
面白いですね。

さて、一世(Issei)先生のミニコンサートの始まりです。


今回は、ショパンの作品を中心に演奏していただきました。
実は、今回のミニコンサート、W君の壮行会みたいな位置づけでもあったのかな?
W君も3曲、ショパンの晩年の作品のノクターン(16番、17番、18番)を弾いたのです。
いやー、知りませんでした。W君がピアノを習っていたとは。
一世(Issei)先生とは、ピアノつながりだったのですね。なるほどです。

実はW君。
今年の夏のリフレッシュ休暇(2週間)は、ドイツ(街の名前は忘れた)に籠ってひたすらこのノクターンを練習していたとのこと。
ピアノは才能ではなく、どれだけのピアノが好きになってめり込むかだそうですから、納得でもあります。

今日は、クッキーを焼いてくださったアニバースの社長もいらっしゃっていました。


ミニコンサートの後は、食事会。
ビ:スティーレの美味しいお食事で懇談です。

一世(Issei)先生は話題が豊富で、とてもだけどここには書ききれないのですが、一つとても面白かった事実。
一世(Issei)先生は、あのスネークマンショーにも参加していたことがあったそうです。
「盗聴エディ」で、"この電話、盗聴されているぞ・・・"が一世(Issei)先生の声だとか。
スネークマンショー、懐かしいな。




2012.08.25 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


嵐、見参!
カテゴリ: Music
昔、「変身忍者 嵐」と言う(確か)仮面ライダーのヒットを受け製作された、時代劇の要素を取り入れた変身ヒーロー物がありました。
嵐が変身して現れる時の決め台詞が「嵐、見参!」でした。

ところでMicrosoft Office 2007付属のIMEでは、"見参"が変換出来ません。所詮、IMEは中国人が開発している、っていう噂は本当かもしれませんね。

「変身忍者 嵐」が放送されたのが、1972年から73年だそうですから、若い人は知る訳がありません。
況や、「仮面の忍者 赤影」なんて、知らないですよね。


今時は嵐と言えば、ジャニーズの「嵐」。
息子が幼稚園の年長さんの時、お遊戯会で嵐の"We can make it!"を使い、小学校の縄跳びの時間に"Love so sweet"を使ったおかげで、子供達は"嵐"の歌が大好き。

当然『All the BEST! 1999-2009』のCDは購入し、習い事の行き帰りに車の中で聴く毎日。
歌詞はばっちり歌え、櫻井翔君の、あの聞き取りにくいラップ調の歌すら、そらで歌える始末です。
子供って、本当に記憶力と耳が良いよね。

そして、今度は、息子が誕生日プレゼントに嵐のDVDが欲しいと言いだしました。

と言う事で、
『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』と
『ARASHI Anniversary Tour 5×10』をプレゼントとして購入。
それぞれDVD2枚組で約240分ですから、簡単に全てを見る事は出来ません。

ともかく、息子の希望で、まずは「the BEST! CLIPS」のディスク2を観てみました。

そしてそして、僕の大発見。(と言うか、僕が知らなかっただけですが。)

大野智君は歌がうまい!

年長者だからリーダーだと思っていたのですが、彼が歌や踊りのレベルを引っ張っているのですね。


さて、未だ1枚しかDVDを観ていませんが、時間を作って「the BEST! CLIPS」のディスク1を観なければなりませんし、なんとか時間を作って「Tour」のDVDも観たいものです。

しかし、本当に、大野君は良いね。


 


2010.05.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ICONIQ
カテゴリ: Music
会社の売店においていたフリーペーパーに、Frauという雑誌の広告が載っていました。
「骨で、痩せる!」はどうでも良くて、インパクトのある表紙の女性の名前、ICONIQ って言うんですね。

最初、丸刈りの女性が資生堂のCMに出た時はビックリしました。
よっぽど顔に自信があるから出来るんでしょうね。(というか、丸刈りだと25歳にしては童顔に見える気がするけど。)

全然知らなかったけど、モデルじゃなくて歌手。
しかも、一度韓国でデビューして、その後エイベックスに移籍して日本で女優活動を開始したけど今一。
そこで、丸刈りにして心機一転、芸名もICONIQにして再デビューなんだとか。

五木ひろしなんて、何度も芸名を変えているから、売れるまで頑張って変身するのも良いでしょう。
色々バッシングされてるみたいだけど、僕と同じ名前のATSUSHIが応援しているみたいだから頑張って欲しいな。


#インパクトのある姿に驚いたのと、EXILEのATSUSHIが絡んでいるってだけで記事にしてしまいました。

◆ICONIQ(アイコニック)のオフィシャルサイト
http://iconiq.jp/index.html


2010.02.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


We can make it!
カテゴリ: Music
以前、息子の幼稚園でのお遊戯会で、ファンキーモンキーベイビーズの曲使われた話を書きましたが、
http://atsushikawahara.blog54.fc2.com/blog-entry-33.html

その時にもう1つ別の曲が使われていたのですが、その曲がなんなのか分かっていませんでした。

うちの小2の息子が紅白歌合戦を観ながら「Love so sweet」を口ずさんでいたので、思わず購入した嵐のベストアルバム。

このアルバムを聴いていたら、ディスク2の6曲目「We can make it!」が流れると、「お遊戯会で使った曲だ。」と息子が言うのです。

息子がお遊戯会のDVDで確認したいというので、久々に年長さん時代のDVDを観てみたら。。。あ、本当だ、嵐のこの曲「We can make it!」です。

2年以上前なのに、子供の記憶力って大したものですねー。

ps.
息子が一番のお気に入りは、「5×10」の後の隠しトラックの曲。
特に、櫻井翔君の "シカトする~!"のセリフが大のお気に入りなんです。


2010.02.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。