スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


魚草
カテゴリ: お酒・グルメ
今日はアメ横です。
アメ横と言ったら、基本的にはもつ焼きの「大統領」なんでしょうけど、ネットでたまたま見かけたこの記事「 レバ刺しがないなら「もうかの星」を食べればいいじゃない。サメの心臓を追い求めた夏。」
これは気になります。
アメ横だから通勤経路だし。
行くしかありませんよね。

という事で・・・


アメ横は今やインターナショナルな観光地と化しています。聞こえてくる会話は中国語が一番多いんじゃないかな?

お店の外観。

三陸の海の幸なんですね。
開店して2周年らしいです。


ここで呑める、ここで喰える魚屋って事らしいですが、基本的に立ち飲み屋です。


今日は牡蠣はLサイズで3個1,000円でした。
まだ季節的に高いですね。


でも、牡蠣ははずせません。


ウニ、これで500円。
金額はこんなもん?あまり頼んだ事が無いから安いのかどうかわかりません。


タラバガニは、これで1,000円。
決して安くは無いけど、元々タラバガニは高いんだよね。


これが噂のモウカの星。
臭みは無く、意外にサッパリした味です。


つまみがもう少し欲しかったので、クリームチーズの醤油漬け。味付けは出汁醤油ですね。


ほたてのレア蒸。
基本、焼きが好きだけど、これも悪くありません。


このお店、ビールはサッポロの黒ラベル小瓶をラッパ飲み。
地酒はグラスでなんでも500円。

なんとか座って飲めるけど、そんなに長居が出来る店ではありません。
軽くちょこっと飲む店でしょう。
本気で飲むと、アメ横ですがそれなりの金額になります。コストパフォーマンスが高いかどうかは微妙かな。

魚草



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 上野御徒町駅御徒町駅京成上野駅



スポンサーサイト
2015.09.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


美輝
カテゴリ: お酒・グルメ
美しく輝く。
なんと素敵な名前でしょう。
けれど、このお店は大阪のOBPと京橋駅の間にある、ディープなたこ焼き居酒屋です。


この素敵な外観。

店の正面でたこ焼きを焼いてます。


入り口は狭いのですが、細長く店は奥まであり、こんなテーブル席までありました。
ともかく、生ビールで乾杯。
OBP勤務の方々との交流の始まりです。


ナスの煮びたし


とん平焼き、ソースとしょう油


鉄板焼きのホウレン草ベーコン


明太マヨ焼そば


とり皮ポン酢


そして、たこ焼きは、ソース、しょう油、うめ、おろしポン酢、キムチ、カレーミンチ を各2皿


なんと、6種×2皿×10個=120個のたこ焼きを6名で食べました。
一人当たり20個ですからね。
しかも飲みながら。
すごいですねー、胃袋さん。

肉も魚介類も糖質も大好きな私。
ビールにたこ焼き、合いますねー。

でも、ちょっと食べ過ぎたかな?

美輝



関連ランキング:たこ焼き | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅



2015.09.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


青森の酒サマーナイト in 東京
カテゴリ: お酒・グルメ
中学次代の友人が鳩正宗株式会社の社長ということもあり、今年も青森県酒造組合主催のイベントに参加しました。

今年は、16の蔵元が参加してました。


今回は、着席での食事に変わってましたね。


青森の酒だけじゃなく、食材も青森です。


お酒はホールの真ん中で、小さなグラスで、1杯ずつ試飲できます。


まずは前菜。


そして、まずは鳩正宗の八甲田山おろし純米大吟醸から。


そして、タイ風焼き鳥。


次は、陸奥八仙。


そして、津軽じょんがら もいきましょう。


イカの一夜干しにいって。


田酒もいきますか。

田酒は、ちょっと有名になりすぎましたね。
味が落ちたという話もあります。

サーモンのムース。


そして、安東水軍の純米吟醸。
実は、個人的には大吟醸より純米酒の方が味わいがあって好きだったりします。


奥入瀬ガーリックポーク。


火災の被害にあい、復興中の白神酒造。


ここで、にごり酒も欲しくなりました。


〆のとろろご飯に十三湖のしじみ汁。
しじみが大きかったです。


もう少し飲みましょうか。
むつ市のお酒は初めて飲みます。


最後は鳩正宗のにごり酒かなー。


小さなグラスでの試飲なので、あまり酔ってません。
デザートも平気です。


今回、抽選会で初めて当たりました。
七戸町のお酒、駒泉です。


今回は、なんとなく遠慮して沢山は飲まなかったけど、来年はもう少し色々試飲してみたいです。

多分、来年も今頃だよね。

青森地酒FAN倶楽部

2015.07.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


牡蠣三昧
カテゴリ: お酒・グルメ
まだまだ暑い日が続きますが、それでも10月。牡蠣の季節が始まりましたねー。
最近はオイスターバーも増え、年中色々な地域の牡蠣を食べる事ができますが、やっぱり日本の牡蠣の季節が一番です。

ということで、実は初めてオイスターバーにチャレンジしたのでした。

<FISH & OYSTER BAR>
と言う名のお店で秋の牡蠣食べ尽くしです。

何といっても生牡蠣!


そして、焼牡蠣3種。


素焼きにバターソテー。


やっぱりカキフライ。


最後は牡蠣とキノコの紙包み焼き。


美味しかったのですが、これくらいの牡蠣じゃあ、残念ながらお腹いっぱいになりません。

結局二次会に繰り出したのでした。

追伸
まだ季節的に牡蠣は高いです。
もう少し値頃になったら食べ放題メニューが始まると信じてます。
そしたら、食べ放題にチャレンジしよっと。

FISH&OYSTER BAR シブヤ西武店
[オイスターバー]
FISH&OYSTER BAR シブヤ西武店
JR渋谷駅 徒歩3分
〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1 シブヤ西武A館 8F(地図
ぐるなびで FISH&OYSTER BAR シブヤ西武店 の詳細情報を見る
※2013年10月12日現在の情報です
ぐるなびぐるなびこのエリア周辺のグルメ情報のお店情報もチェック!
2013.10.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


バイス
カテゴリ: お酒・グルメ
特別転進支援施策という名のリストラに希望退職を応募した先輩と、ずーっと前から飲む約束をしていて、昨夜やっと飲む機会を得ました。

場所は、ディープな赤羽。
先輩は宇都宮線を利用しているので、帰りやすい場所というのもあります。

赤羽といえば有名な「まるます家」

TV番組でも取り上げられてしまったからでしょうか。
満席でとてもだけど入る余地がありません。
興味があるのですが諦めました。

赤羽 1番街を奥まで進んでいきましたら、なんとなく「刺身」の文字が目に入ってきました。


という事で刺盛。

最近は、何のお魚か札で説明をつけてくれるところが増えてきました。
ま、切り身じゃ、何の魚かわからないですからね。

魚料理を続けるとお財布にやさしくないし、明日も仕事ですので早めにこのお店は切り上げて、赤羽ならではの安ーいお店に河岸を変える事にしました。
駅前にある「まるよし」。


ここはとにかく安いです。
一番高いつまみは、マグロの山かけ 400円、カレーライス 500円でしょうか。

このお店、異様に元気なおばちゃんたちが切り盛りしていて、独特の活気にあふれています。

生ビールやレモンサワーも飲んだけど、このトマト。
そう、トマトジュースハイです。

おばちゃんが"トマトは健康に良いよー!"って出してくれましたが、アルコールは身体によくないでしょって突っ込みを入れたくなります。

で、この記事のタイトルの「バイス」なのですが、このお店の名物が「バイス」なんだそうです。

薄く、赤い、透明な駄菓子屋のドリンクのような色。
この色は「梅酢」。これを音読みすると「バイス」。
ネットで検索してみたら、大衆酒場では比較的メジャー?なようです。

さてお味は・・・
微妙です。
お店の中を見回すと、この「バイス」をオーダーする人が多いのですが、何故でしょう。
どこか病み付きになる、微妙な味ってところなのかな?

バイスサワーに関するお店 [食べログ]


2012.09.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
酒を飲みながら読書するのが好きな、ただのオヤジです。
※記事のサムネイルをクリックすると、写真が大きく表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。